ぐるっとソギョン♡2と韓国版「夏物語」




シネマート六本木の衣装展示が変わりました!
前回、真正面からのショットがなかったので…

今回は真正面から…




ドンッ!



c0096259_11353483.jpg

あら!ちょっと下すぎたかしら~?(爆)





それなら、こちら…
c0096259_1141237.jpg


ぐるっと、ソギョン♡
c0096259_1373167.jpg


今回のソギョンの衣装展示はこの1着でした。
ジョンインは、街へくり出した時(爆)の、
衣装でした。
って、また、撮ってないし…


     *     *     *     *     *

さて、韓国版、見てまいりました~

やっぱり…
はじめっから、このバージョンで見たかった…
っていうのが、率直な感想です。
せっかくの韓国映画らしさ、乾いてるのに叙情的っていう雰囲気が、
味わえたのに…。

差し替えられている曲「Yesterday when I was young」は、
3回登場します。
韓国版、ご覧になれない方、参考にしてくださいね。

1回目、魚風鈴のシーンです。
教授の家で、この曲をかけてるってことなのね。
スジンとの会話の間も、流れています。
ソギョンは、この曲を聞き続け、あの魚風鈴でマノサを想い続け、
ジョンインを感じていたんですね。

これって、かなり意味のあるシーンなんじゃないの~?
この曲が流れてない日本版って…一体。(苦笑)

この後、若ソギョンが窓辺で「ケナリゴ~~ゲ…」って、
歌っているシーンになるんだけど、
フィルムのつなぎが気になりました。←細かくてごめん。

2回目、窓ガラス越しに聴くシーン。
ここは、日本版で違和感があったので、私としては、よかったです。


(画像、下げました)

このシーンのソギョンの顔↑、
大大大好き♡なの~!


ただ、ソギョンの顔がアップになったときに、
曲もどーーんっと大きくなったので、
ベタすぎやな~と思ってしまいました。
窓ガラス越しなんだから、もっと小さいだろっ!って、軽く突っ込み~。
ジョンインを意識して、意識して、意識して~~~っていうソギョンの
気持ち的には、わからなくもありませんが…。
ちょっと大きすぎやしませんか~?どうよ?

3回目、もちろんエンディング。
淡い映像のトーンと合ってましたね。当然か…。
「Yesterday when I was young」(帰り来ぬ青春)がピッタリで、
美しくも哀しい大人のストーリーっていう雰囲気でした。
このエンディングがあってこそ、ソギョンの人生に想いをはせ、
ハラハラと心が洗われるような涙が流せるような気がしました。

「Yesterday when I was young」
が、耳から離れなくなりました。

自分の中で、
「夏物語」のイメージ=「Yesterday when I was young」
となることができたのが、
韓国版を見た一番の収穫だったといえますね。


…で、ちょっと疑問に思ったんですが…。
この韓国版って、曲の差し替えだけだったの?

これでも、ガン見したつもりだったけど、映像は日本版と同じかいな~?
カットシーン、流れると思ったのに…。
ヤられたぜっ…。

ご覧になった方、本当はどうなの~教えて~!

でも…ま、いいか…(爆)

検証は、他所様にお任せしましょうかね…。
[PR]
by leejewel | 2007-02-26 12:17 | 「夏物語」
<< 創作…私の原則 「冬の貴婦人」 >>