「VOGUE JAPAN 3月号」



「VOGUE JAPAN 3月号」

読みました。




。。。。。。。


実は
すでに読んだびょん友さんから
話をきいていて

ロスにって話は
やっぱりね~と
思ってはいたのですが


さびしい気持ちになるファンもいるの?

WHY?

ま、わからないではないけど…


で、実際
記事を読んでみましたが


彼、すっごく楽しそうじゃん!(爆)


私がすごいなぁと思ったのは

ハリウッドだからじゃなくて
ハリウッドが
世界中の人に
演技を見てもらえる市場だから
目指すんだっていってるとこ。


やっぱ
びょんだわ。(笑)


近い将来の
LA移住については

私、じゅえる…

大賛成です。


はっきりいって
拠点を移さないと
仕事できないでしょ。


たしかに
前の渡米の時は
彼もすごく不安そうだったし
アメリカは遠いなぁと
ちょっぴりさびしく感じました。


でも
今は、ちがうかな…


アメリカで生活して
演技するっていう事に
彼なりに自信が持てた証だし

新しい事に挑戦する楽しさが
インタの文面から
伝わってきます。



私は
変化の好きな人間なので

少しも
安住しない
彼のスタンスが
気持ちいいです。(笑)


彼が
将来の大きな夢をかなえるために
いよいよ始動しだしたのかなと
ワクワクします。


ハリウッドデビューしたからといっても
はっきりいって
まだまだだってことは
彼が一番わかっていることだし

これから
たいへんだなぁ~と思いますが…

着実に
夢を現実に変えていこうとする
彼の勇気と努力に
敬服します。



「いつも、そばにいます」

ON STAGEの彼のメッセージは
正直な彼らしい言葉ですね。


どんな場所にいても
私たちの想うイ・ビョンホンは
変わらない。


だから、私も
「いつもそばにいるからね」
って応えてあげたいです。


彼を応援するっていうことは
彼と同じことに
泣き、笑い
幸せを感じることなのかなと
最近、思います。


俳優イ・ビョンホンの夢を
一緒に追いかけられる幸せを

今、感じてます。



清々しい
いいインタ記事でした。



c0096259_0295453.jpg


2月になりましたね。

フラワーショップで
真冬のバラフェアーをやってました。

これは
紫ピンクのグラデーションが美しい
「ディープウォーター」というバラです。
一目惚れ。(笑)




[PR]
by leejewel | 2012-02-01 00:32 | 雑誌・本
<< 節分。 ぷちオフ会、締め切りました。 >>