お知らせ&ちょこっとだけ「美日々」創作文


♡ お知らせ ♡
諸事情により、週末まで、留守にします。

また、週末には、私も人並みに、
お花見なんぞに行って、
少しエロい気分♡になってこようかと…。
↑はぁ?

新作…早くぅ…ああっ…もうだめっ…
という皆様のため、
ちょっとだけ、書いておきました。

レスやメールのお返事は、
週明けになると思いますので、
今、しばらく、お待ち下さいね


 Jewel
*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:..。o○☆




   *     *     *     *     *     *     * 


その日、ミンチョルは、夜遅く帰ってきた。

「お帰りなさい…あなた」

「ああ…ただいま」

「あなた…お食事は?」

「う…ん…今夜は、いらないよ…」
「それより、疲れたから寝たい…」

ミンチョルは、片手でネクタイをグイッとゆるめながら、
だるそうに言った。

連日の激務でかなり疲れがたまっているようだった。

どんなに遅くなっても、
最近は、何かを口にしてから寝るようにしているミンチョルが、
食べるどころか、今夜は、シャワーも浴びずに、
寝室に入ってしまった。

「あなた…」
「大丈夫?」

ヨンスは、ミンチョルの様子をそっとのぞきに行った。

(あなた…)

スーツやYシャツを脱ぎ散らかして、
ベッドに潜り込んでいる夫を見ると、
そっとしておいてあげたいという気持ちと、
少し寂しい気持ちが交錯した。

音を立てないように散乱した服を片付けると、
明かりを少し暗くした。

ヨンスはシャワーを浴びると、寝間着に着替え、
静かに寝室に入った。

そっとベッドに入ろうとした瞬間、ヨンスは、手首を掴まれた。

「あなた!」

驚いてヨンスは、ミンチョルを見た。

「疲れすぎて…眠れない…」

ミンチョルの目が、薄闇にキラリと光った。

「ずっと会議続きで、人と会ってばかりだったから、
神経が高ぶってるのかもしれないね…」

「あなた…ずっと起きてたの?」

「うとうとしただけだよ…」

「寝られなかっただなんて…つらかったでしょう?」

ヨンスは、寝ているミンチョルの額に手を当てると、
髪を優しく撫でた。

ミンチョルは、起きあがると、ヨンスの肩を抱いた。

下着だけで寝ていたミンチョルの肌が、しっとりと触れる。

「ヨンス…おいで…」

「あなた…」

「いいから…」

「でも…疲れてるんでしょう?」

「平気さ…」
「それに…疲れてる方が…」

そう言いかけて、ミンチョルは眉毛をあげると、
悪戯っぽく笑った。

ミンチョルは、ヨンスの唇を奪うと、
するりと寝間着を脱がせた。

「ンン…あなた…」

みるみるうちに下着もはぎ取られ、
ヨンスは、ミンチョルに組み敷かれていた。

「ヨンス…」

ミンチョルが舌を這わせ、
ツンと上を向いたピンクの頂点を吸い上げる。

いつものように痺れるような快感が、ヨンスを駆けめぐった。

「ああ…あなた」

ミンチョルのしなやかな指先が、秘められた場所に滑り込む。

「ああン…」

甘い吐息が漏れる。

「ヨンス…もう…こんなに…感じてる」

ヨンスのその場所は、もうすでに蜜で溢れていた。

ああ…私…
この人のキスだけでも、こんなに感じてしまう。
もしかして、ほんの少し触れられただけでも?
あの瞳で見つめられ、あの声で囁かれただけで…私…。

ミンチョルの指で煽られて、
ヨンスは、体の奥から、ミンチョルを求めていた。

「ああ…あなた…私…もう…」

ミンチョルは優しく微笑むと、言った。

「ねぇ、ヨンス…」
「ボクも感じたい…」

「あなた…?」

ミンチョルは、仰向けに寝た。

ミンチョルに言われるがままに、
ヨンスは、ミンチョルの肌に指で触れた。

そして、ミンチョルの胸に舌を這わせると、
片方の頂点の口に含んだ。

チロチロと舌を使うと、そそり立ってくる。

「ううっ…」
「ヨンス…あぁっ…」

ミンチョルが喘いだ。

「ダメだ…我慢できない…」

ミンチョルは、再びヨンスを押し倒すと、
足を開かせ、自身を押し当てた。

「ヨンス…」

ミンチョルが一気に入ってくると、
ヨンスは一層、蜜を溢れさせた。

「ああっ…あなた…」

ミンチョルの動きに合わせ動いているうちに、
熱いうねりが押し寄せる。

ああ…すごい…
私…あなたが欲しかったの…

ヨンスは、体の奥から感じていた。

やがて、二人は登りつめた。



   *     *     *     *     *     *     * 



「ヨンス…」
「愛してる…」

俯せで、ヨンスを抱きながら、ミンチョルが、囁いた。

「あなた…私も…」

ヨンスが言いかけたとき、ミンチョルの腕が急に重くなった。

「あなた?」

ミンチョルは、逞しい筋肉を上下させて、
静かに寝息を立てていた。

ヨンスは、微笑むと、
ミンチョルの太い腕をそっとはずした。

そして、優しく髪を撫でた。

(あなた…ぐっすり…眠ってね…)


ヨンスは、いつまでも、ミンチョルの寝顔を見つめていた。



・.*. .:。Fine ・.*. :。


ちょこっとミンチョルでした~♡

なんせお疲れでしたから~

って、疲れてる方が…イヤン(*ノ∇)ゝ

コメントは、非公開で、お願いいたしますね♡



[PR]
by leejewel | 2007-03-28 19:22 | 創作文 「美日々」 | Comments(24)
Commented at 2007-03-28 22:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-29 10:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-29 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-29 21:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-29 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-03-30 23:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2007-04-02 08:08
★ただいま~♡
お待たせしました。
皆様、留守にもかかわらず、よく来て下さいました!^^
これからレスさせていただきま~す。
Commented by leejewel at 2007-04-02 08:20
★ 2007-03-28 21:32の非公開さん
そうなの~
1回で、ごめんなさい。(爆)
>疲れてる時ってイイらしいから
うふふ…私もきいたところによると、←どこから?(爆)
そうらしい~

はい、構想練りましたよ~
花見の宴会やりながら。(爆)
そうですね。
桜って妖しさを感じますよね。
あ、でも、クリスマスローズもね。
あの作品のせいでよけいに、感じていただけたら、うれしいいわ~
Commented by leejewel at 2007-04-02 08:23
★2007-03-28 22:33 の非公開さん
ようこそ~
お花見は、近所ではなく、わざわざ都心の方まで、行きました。(笑)
ちょこっとミンチョルでしたが、楽しんで頂けてよかったです。
また遊びに来て下さいね♡
Commented by leejewel at 2007-04-02 08:26
★2007-03-29 10:35 の非公開さん
ようこそ~
>わぁ!置き土産は、ミンチョルなんて・・・
ちょこっとでしたが、ミンチョル感じて頂けて、よかったです。
これからも、スイートエロなミンチョル、書きますね~
また遊びに来て下さいね♡
Commented by leejewel at 2007-04-02 08:33
★2007-03-29 10:52 の非公開さん
>ミンチョルのヨンスへの愛が溢れ、
ヨンスは、そのミンチョルを、無条件に受け入れる。

これだよね~美日々は!
また、スイートでエロいの、書きますね。

>ミンチョルの喘ぎが、耳から離れないよ~~~
これからも、ミンチョルには、喘いでもらおうと思ってるの♡
それにしても、あなたの脳内映像には、いつも脱毛…じゃなくて脱帽だわ。(爆)

Commented by leejewel at 2007-04-02 08:43
★2007-03-29 21:00 の非公開さん
>コメント全部非公開・・・ワクワクするわ。
あはは…
そうですよね~^^
堂々と非コメしてください!(爆)

>ヨンスもたいぶミンチョルに○○されたのかな?(←伏せ字にしました(爆))
それとも前から感じやすいタイプだったのを
ミンチョルが花咲かせたのかな?

○○って~!非公開さんったら、イヤン(*ノ∇)ゝ
ついヘンなこと考えてしまうので、伏せ字にしました~(爆)
そうですね。
開発に近いかもしれません。(爆)
これからも、ミンチョルの指導の下、変化し花開くヨンスを、お楽しみ下さいね。
あはは…ソギョンも気になる?
私も、気になります。^^



Commented by leejewel at 2007-04-02 09:02
★2007-03-29 22:46 の非公開さん
はい、花見で、村村してきましたよ~!(爆)

>発熱ミンチョルといい今回の疲労困憊ミンチョルといい…
ぎゃはは~
うん、たしかにヨンスにさせてるよね。

>非公開ならでは書けるのですが、ずっとね、実は気になってたことが・・
きゃー!なんてこときくんですかぁ~!イヤン(*ノ∇)ゝ
うーん、どうなんでしょう?
そりゃ、おそるおそる…見たことくらいあるのかな~?(爆)
近いうちに、非公開さんのご希望のシーンが、登場するかもしれませんよ。
今、構想中なので。
お楽しみに♡


Commented by leejewel at 2007-04-02 09:10
★2007-03-30 23:42 の非公開さん
ようこそ~
ちょこっとですが、ミンチョル、楽しんでいただけて、うれしいです。

>ヨンスさんって、見かけによらず上手?
あはは~
あのミンチョルを喘がせちゃうんですからね。
ミンチョルの指導の甲斐あって、ヨンスも成長したんでしょうかね~やっぱり。(爆)
それに、ミンチョルは、ヨンスじゃないと、ここまで感じないって思います。
愛の力よね♡うふっ

また書きますから、お楽しみにね。

Commented at 2007-04-02 13:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-02 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2007-04-02 21:38
★2007-04-02 13:50 の非公開さん
まぁ!非公開さんも、お花見ね!
そりゃ、健康的だこと!(爆)
>疲れて寝てばっかのだれかさん
ちょっとぉ~!大ウケ~(爆)

Commented by leejewel at 2007-04-02 23:16
★2007-04-02 20:54 の非公開さん
ようこそ~
>甘い夜を重ねているはずですから・・・
そうですね~
本編にないからこそ、創作せずには、いられないですね。
きゃ!そのエピソード、素敵~☆彡
いろいろ考えてみますね。

うふふ~ソギョンもね♡

Commented at 2007-06-19 20:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2007-06-19 21:17
★2007-06-19 20:52 の非公開さん
ようこそ~
こちらこそ~^^

ぎゃはは…
いきなりの質問、ウケました。
ええ、そのようですよ。
疲れてる時の方が…イヤン(*ノ∇)ゝ

>ミンチョルってヨンス以上に感じやすいの?
こ、これも、素朴な疑問ですよね。(爆)
喘ぐミンチョルを書きたいと思ったので、こんな感じになったんです。
もしかして、かなり感度がいいんじゃないのかな…。
どう思われますか?^^




Commented at 2007-07-17 00:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2007-07-17 08:47
★2007-07-17 00:49 の非公開さん
きくところによると、疲れてる時の方が…らしいですよ。イヤン(*ノ∇)ゝ

あらら…
眠れなくなっちゃいましたか?^^
困っちゃいましたね。でも、刺激の強い方面しか、今のところ、書いてないので。
みなさんが癒されるような作品も、書いた方がいいのかな?(爆)

また、彷徨いに来て下さいね♡

Commented at 2007-07-17 23:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2007-07-18 21:16
★2007-07-17 23:06 の非公開さん
あはは…
刺激の強さに癒される…って、イヤン(*ノ∇)ゝ
はい、突っ走ります。
止まりません。きっと(爆)


<< JEWELの輝き♡ Jewelのお願い♡ >>