「ダーク・シャドウ」観ました。



ジョニー・デップ×ティム・バートン

しかも、ヴァンパイアもの。

私が観ないはずがありません。(爆)

てなわけで
「ダーク・シャドウ」観てきました。

「ダーク・シャドウ」公式サイト

じゅえるの勝手なレビューです。(笑)




。。。。。。。


映画って
観客を別世界に
連れて行ってくれなくちゃ
ダメだと思うんです。


この映画は
まさに

しょっぱなから
ティム・バートンの世界に
引きずり込まれました。(笑)

好きな方は
すっごくうれしいというか

あ~これこれって
思ったに違いありません。


私、じゅえる…

「バットマン」で
ティム監督を

「スリーピー・ホロウ」で
ジョニーを好きになったので

この「ダーク・シャドウ」は
その時の感覚が戻ってきたような
感じがしました。


このお話がおもしろいのは

ヴァンパイアが
今の時代に蘇るお話はたくさんありますが

200年の眠りから目を覚まし
バーナバス・コリンズが
ヴァンパイアとして現れたのが
1972年っていうところ。

今からざっと40年前?

70年代の映画を見ている事になるわけで
そこが、なんだか、とても面白かった。


そして
ジョニー演じるバーナバスは
リバプール出身の
名家のおぼっちゃま。

しかも
昔の人なので

とても
言葉が古風なんですよね。


それがね
女心をくすぐるっていうか…

観ている私の心も
大いにくすぐられました。


今の時代の
情感も奥ゆかしさもない言葉が
いかに
愛をささやくのに
適していないかと言うことが
よくわかりますね。(笑)


古典的な美しい台詞を
照れもなく
目の前で言われたら

やっぱり
恋に堕ちるものです。(爆)


この作品には
全然リアルではありませんが
ラブシーンもあり

ティム監督の映画では
珍しいなと思いました。

ラブというより
バトルに近い気が…(爆)


宣伝にあったような
コメディ路線ではなく

とても切ない愛の物語でした。


バーナバスへの
壮絶なまでの愛の為に
結局は身を滅ぼすことになる
魔女アンジェリーク。

彼女は
最後に心臓を差し出すけど
バーナバスに拒絶されちゃって
かわいそうでした。

アンジェリークは
バーナバスに呪いをかけたけど

それは
愛と言う名の解けない呪いを
自分にかけてしまったんだと思いました。



そしてラスト

バーナバスが
愛する恋人を
ヴァンパイアにすることで
死なせずにすんだことは

私を
すごく
幸せな気分にさせてくれました。


ただ…

バーナバスは
呪いは解けた!って言ってたけど

それ
ど―見ても
呪われたまんまですから!(笑)


ティム監督の映画って
女性はみんな怖いくらい
綺麗なんだけど

とくに
キャロリン役の 
クロエ・グレース・モリッツが
魅力的でしたね。


なんか秘密のあるキャラだと思ってたけど
まさか
狼女だったとは…

狼になって
よけい可愛さが増してたけど。(笑)


魔女だの
ヴァンパイアだの
幽霊だの
狼女だの

化けものがいっぱい出てくる中で

家を守るために戦うエリザベスも
メデューサかなんかに
変身するかと思ったら

最後までフツーの人間で
そっちの方が驚いた。(爆)


とにかく
ストーリーは単純だし

メイクはすごくて…

ぶっちゃけ
ティム・バートンワールドが
お好きな方のみ
どうぞっていう感じかしら。(笑)


でもね
ジョニーだけど
ジョニーじゃない

だけど
こんなヴァンパイアなら
惚れるかもって思わせる
俳優ジョニー・デップは
最高でした。



じゅえる的には
久々に面白かった映画です。




[PR]
by leejewel | 2012-05-31 03:01 | 映画の話 | Comments(8)
Commented at 2012-05-31 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2012-06-07 02:42
★2012-05-31 12:22 の非公開Jさん
ジョニー、最高でしょう?^^

なんか、このレビュー、私が、どんだけ、ティム監督作品が好きかってことが、前面に出ちゃってますが…ほんと、好きなんですよ~

てか、ジウン監督の方が、好きですけど。(笑)

非公開さんが、それを思い出したのは、とても興味深いですね~

ジウン監督とびょんも、この二人の関係のように、お互い離れていても、ときどきタッグを組んで、刺激的で凄い作品を生み出していってほしいですよね。

二人で組んだ作品は、どれも素晴らしいし、海外での評価も高い。

もう、ジウン作品はいいっていうファンもいるかもしれないけど…
私は、びょんをハリウッドに導いたのは、ジウン監督だと思ってますし、事実、そうですよね。

しばらくしたら、また、二人で、お仕事してね。(笑)
Commented at 2012-06-18 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2012-06-21 01:16
★2012-06-18 22:14 の非公開Dさん
非公開さんも、少しは落ち着かれたようで、よかったです。
お体を大切にしてくださいね。

>【ジョニー・デップ×ティム・バートン】では「チャーリー」「悪魔の理髪師」「アリス」しか観ていません。

やっぱり、一番最初のタッグである「シザー・ハンズ」をぜひ、観てください。^^

「ダーク・シャドウ」が、それなりによかったでしょう?^^
非公開さんにそういってもらえると、レビューを書いた手前、ホッとしてます。(笑)

>苦手なのは戦争もの、歴史(時代劇)、アニメです。

あらら…そうでしたか~

私は、なんせ、小さい時に見た「東映まんがまつり」が、映画デビューですから。(爆)
アニメは、大好きですね。
もちろん、小さい子向けのものは見ませんよ。(笑)

ジブリや「銀河鉄道の夜」は、DVD持ってます。

戦争ものも好きで…軍服マニアなもんですから。(笑)
外国の戦争映画も日本の戦争映画も好きですね。
DVDでですが、古くは「人間の條件」から観てます。
一番好きな戦争映画は「兵隊やくざ」です。(笑)
ご存じないでしょうね。
Commented by leejewel at 2012-06-21 01:22
続きです。


戦争ものではないですが、戦争を別の視点からとらえた三谷幸喜監督の「笑の大学」は、切なくて、DVDを何度も観てしまいます。

時代劇の映画っていうと…
小さい時に観た「旗本退屈男」が、憧れの人ですからね~(爆)
市川雷蔵の映画や任侠映画、好きですね。

黒沢監督の作品は、全部観てます。
「蜘蛛の巣城」が好きです。

今度の彼の史劇は、「影武者」のような感じかなとか、いろいろ想像してるんですよ。

他には、ホラーもスプラッターも平気ですし、ゾンビものも好きですが(笑)、理不尽な惨劇が繰り返されるようなもの、恐怖だけを売り物にした映画は、観ません。
後味が悪く、いつまでも脳裏に焼き付いて離れないですから。

シリアスなもの、アクションもの、特撮モノ、ファンタジー、何でも好きですが、苦手なのが、「プリティ・ウーマン」のようなラブストーリーで、特にラブコメは、鳥肌が立ちます。(爆)
めずらしいでしょう?
Commented by leejewel at 2012-06-21 01:23
続きです。^^


「サニー」ご覧になったんですか!
評判いいですよね。

ご近所のご友人と観に行くなんて、楽しいですね!

私は、自分の趣味に合う人がなかなかいないので、いつもたいてい一人で観に行きます。^^
もちろん、彼の映画は、びょん友さんと行く時もあります。

近いうちに「スノー・ホワイト」、7月には「ダーク・ナイト・ライジング」を観る予定です。

長くなってすみません。
映画の話、好きなんですよ。
Commented at 2012-06-29 00:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leejewel at 2012-06-29 00:45
★2012-06-29 00:06 の非公開Dさん
「シザー・ハンズ」見てくださいましたか!^^

人間の優しさも描かれていますが、残酷さが心をえぐりますよね。
そして、やっぱり愛って美しいって感じさせてくれる映画です。

>ジョニーなら狭いけれど入れてあげてもいいかも・・・笑

あはは。
ムリに入れなくても…(笑)

まだ、見ていなければ、「ニック・オブ・タイム」「ネバーランド」もおススメです。
ジョニーのは、DVDになってるのは、ほとんど見てると思います。
まだ、ビョンホンと出会う前でしたから。(笑)
<< 6月になりましたね。 「LBH FILM TOUR ... >>