「ドラゴン・タトゥーの女」観ました。



映画のお話です。

いま話題の
「ドラゴン・タトゥーの女」
観てきました。


お客さんもかなり入ってましたよ~

ご覧になったみな様も多いと思いますが…


「ドラゴン・タトゥーの女」公式サイト


では
私、じゅえるの
勝手なレビューです。




。。。。。。。


まずOpeningは
超かっこよかった。

映画の展開もすきがなく飽きさせないし
硬質な感じの映像もよかったです。

北欧の美しさと
言い知れぬ不気味さを
堪能できました。


たしかに面白かったのですが

前のスウェーデン映画のとき
観損なっていたせいもあり

期待が
大きすぎたのかもしれません。


グロいところ
過激なセックス描写はあるものの

一言で言って
物足りなかったというのが
私の感想です。


あれ?
もしかして
私、おかしい?(笑)

う~ん…
ミステリーとしての
面白さが薄かったんですよね。


これ
ミステリーよね?


聖書の符号を使った
謎解きが面白く

40年前の少女失踪事件から
60年前の猟奇連続殺人事件の解明へと続く
ミカエルとリスベットの推理劇は
スリリングでワクワクします。

ですが
一番の重要人物ハリエットのことが
初登場のときに
もう予想がついてしまい

面白さ半減でした。


こーいう場合
つまり
ヒントぼろぼろ見せるミステリーは
事件の大きな理由(ワケ)
真相っていうのが
見せ所になると思うのですが

たとえば私の大好きな
横溝正史ミステリーみたいに。(笑)

結局
この物語を薄気味悪くさせている
連続猟奇殺人の意味は何だったの?

一族の繁栄とは
全然関係なし?だよね~

儀式的な意味はなく
単なる快楽殺人者の犯罪?

で、その息子まで異常趣味なの?


疑問だらけになってしまいました。


いくら昔の事件だからって
まだ追っている警官?もいるんだから
そのへん
せっかく事件解明したんだから
担当者に教えてあげようよ。

引き継いできたのかもしれないけど…(笑)

ミステリーなのに
真相も何もかも
なんだか曖昧でした。


ま、ミカエルは探偵じゃないし
依頼人の願いは
かなえられたんだから
任務完了ってとこですか。(笑)


むしろ
リスベットの生きざまが面白く
前半の彼女の物語が
興味深かったですね。


過酷な現実に
一人で向き合い
耐えることを強いられてきた彼女。


性的異常者だった後見人を
叩きのめす彼女は
ほんと気分いいです。


華奢な体にまとうドラゴンが
彼女の強さと
自由への憧れの象徴なのでしょうか。


リスベット役のルーニー・マーラ
よかったです。


気に入った男のために
せっせと努力しちゃう
後半のリスベットは
可愛かった。

リスベットは
ミカエルのことを
詳細に調べていたわけだから
一緒に仕事をする前から
彼に興味があったのかもしれない。


でも
物語はメロではありません。

野良猫、いや山猫が
やっと安心できる場所を
見つけたと思ったのもつかの間
さっさと元の世界に戻っていっちゃって
リスベットは現実を思い知るのです。


ミカエルへのクリスマスプレゼントを
バサッと捨てて
バイクで走り去る彼女は
哀しいくらい男前でした。



それにしても
この映画
人間がいれば
そこにセックスありみたいな映画で。(笑)

でも
村っとしないのは
なんだか中途半端だからでしょうか。

いや
何が中途半端って
うまく表現できないんだけど。あはは。(笑)


リスベットは
他人とコミュニケーションが
うまくとれないから
手っ取り早く
セックスでわかりあおうとするのかな。

とはいえ
彼女のセックスは
自分本位のセックスだと思いました。


ミカエルって男も
愛人もいるのに
来る者は拒まず
セックスする男です。

倫理観ナッシング。

原作はもっとすごいらしい?(笑)


ただ
女を見る目ないわね。

あんなしわしわの愛人より
どんどんきれいになっていく
リスベットに惹かれないなんて
つまんない男です。


ダニエル・クレイグは

殺人鬼がためらうほど
(ココ笑っちゃったんだけど)

しょぼくれた中年男ミカエルを
好演してました。

でも所帯染みてなくて
セックスばんばんしても
脂ぎってない
インテリな男でした。


個人的には
セックスアピールを感じなかったので

みんな
なぜこの男と寝たいかなぁ~と
全般にわたって思ってしまった。

そこがまずかったのかも。(笑)

ダニエル・クレイグ
ごめん。


さて
私たちの彼も
そろそろ…

しょぼくれてるけど
いざとなったらバリバリできる
sexyな中年男の役
やってほしいなぁ~


第一線から外された
やさぐれた男の役
似合うと思います。




[PR]
by leejewel | 2012-03-15 04:31 | 映画の話
<< お願いが出てます。 White Day… >>