Cherry blossoms 2nd season (3)





桜の下で

僕は愛を誓った…



ずっと

ずっと

君を愛し続けるって…



この愛は

変わらない。



桜が毎年

美しく咲き

その花びらを

降らすように…



僕の愛は

けっして

変わらない。









「Cherry blossoms 2nd season」
やっと完結です。

前回も申し上げましたが
季節はずれのUP、ご容赦ください。














・°*。・°*・°*。・°*・°*。・°*・°*。・°*・°*。・°*・





c0096259_1863659.jpg



(3)


玄関のドアを開けたとたん、ミンチョルの携帯が鳴った。

キチャンからだった。


「すいません。社長、ご報告をと思いまして。今、よろしいですか?」


「うん…ああ…それで?」


ミンチョルは、携帯で話しながら、部屋に入る。


「すべて順調に準備できました。あいつら、意外に骨がありますよ。
さすが、社長が集めたチームだけのことはありますね」


「そうか。それはよかった。今夜は、ありがとう。わかった。
明日が、楽しみだな…君ももう帰れるんだろう?じゃ…」


ミンチョルは、携帯をパチンと閉じた。

なんとなく満足げな様子のミンチョルを見ながら、ヨンスがお茶を入れる。

ミンチョルは、上着を脱いで、ネクタイをするりとはずした。



*   *   *




「今夜は、会えたからいいけど、今度、待ち合わせするときは、
ちゃんと約束した場所で待っていてほしいな…」


ミンチョルは、念を押すようにヨンスに言った。


「本当にごめんなさい。約束するわ」


「君の気持ちはとってもうれしかったけどね。
さっきみたいなああいう男がいるから…」

(やっぱり…あの男、どこかで見たことが…)


ミンチョルは、考えていた。


「あなた…あの方は、私を助けてくれたのよ」


「それはわかってるよ。
でも、僕が現われなかったら、ずっと君に付きまとったかもしれない。
いくら優しい君でも、それは感じただろう?」


「ええ…いわれてみれば…なんとなく…」


「気をつけてほしいんだ…」


ミンチョルは、片方の眉毛をぴくっとあげて、ヨンスを見た。


(そうだ…)
(取引先のパーティで、見かけた気がする。紹介はされなかったが…)
(同じ業界の人間か…それとも…)


ミンチョルが思い出している間、ヨンスも、その男のことを考えていた。


(あの時、感じたのは、何だったのかしら?)
(あの人に触れられたときの、妙な感触…)



「もしかして…」
「あの男に誘われた?」


ミンチョルは、ヨンスの顔を見ながら、
わざと彼女がいやがるような言い方をした。

ヨンスの表情がぱっと変わる。


「え?」
「そんなこと!あるはずないわ…」


頭から否定するヨンスを見て、ミンチョルは、安心したように笑った。


「ごめん。君がなんだかぼーっとしてるから、つい…」


「もう…意地悪ねっ!」


「でも…」
「君が他の男といるのは…いやなんだ…」


急に真面目な口調で呟くミンチョルは、どこか寂しげだった。


「あなた…」



嫉妬…

いつも、僕が嫉妬するのは、君を愛しすぎてるからだ。

君は、そんな僕をいやになりはしないだろうか。

時々、不安になる…



ヨンスは、ミンチョルの顔を覗きこむようにして言った。


「私なら…大丈夫よ」
「あなたが、私から離れたくなっても、離さないわ…」


ヨンスは、笑っていた。


(ヨンス…)


「ああ…今夜は、ホテルで過ごしたかったな…
そしたら、もっとロマンティックだったのに…」


「そうかしら…私は、うちの方が落ち着くわ」


微笑みながら言うヨンスを、ミンチョルが探るような目で見つめる。


「そう?」


「ええ。今夜、桜を一緒に見られただけで幸せよ」


「ほんとに?」
「僕は…ダメだな…」


ミンチョルの言葉に、少し驚くヨンスを、彼は強く抱き寄せた。


「あ、あなた…」


「僕は、満足できないよ…」


ミンチョルは、ヨンスの髪をかきあげると、耳元に囁いた。

ヨンスが聞き返す間もなく、ミンチョルの唇がヨンスの唇を覆う。


「ンンンンっ…」
「あ…なた…」


「愛してる…」


左右に顔を動かしながら、深く深く相手を求めるような彼のキス。


(ああ…溶けてしまいそう)


ヨンスは、いつもより熱い彼のキスに、夢中になっている自分に気付いた。



愛してるわ…

だから、もっと愛して…



ヨンスの中で、貪欲な想いが頭をもたげ始めていた。

彼女は、腕を彼の首に回し、彼のキスに応じながら、
自分から舌を絡ませていた。



ヨンス…

そうだよ…

もっと僕を求めて…



自分から求めてくる彼女に、ミンチョルは、よけい愛しさを感じていた。

寝室へ入ると、ヨンスは、ニットを脱ぎ、下着姿でベッドに横になった。

ミンチョルも、シャツを脱ぎ、下着だけになる。

ミンチョルは、ヨンスの額に丁寧にキスをした。

まるで、初めて愛し合うように、そっと、ゆっくりと。

彼のビロードのような唇は、鼻筋を辿り、彼女の唇へたどりつく。

彼の触れる唇の感触に、新鮮なときめきを感じながら、
彼女の身体の奥深くからは、ドロドロとした熱情が湧き上がってくる。

ミンチョルも、抑えきれないほどの昂まりを感じていた。



彼のしなやかな指が、彼女の腿を滑り、下着をするりと脱がせた。

そして、腿の内側を這い、敏感な場所にぴたりと触れる。

彼女の身体が、ビクンと反応した。

指先で押し広げるようにすると、すでに蜜があふれ出している。

それを絡めながら、中指を奥へ差し入れる。


「あぁっ…」


少し腰を上げて反応する彼女の髪を片方の手でそっと撫でる。


「君の中、すごく熱い…」


ミンチョルは囁くと、中指をさらに奥深く挿入した。

同時に、硬くなっている部分を、くるくると刺激する。


「あっあっあっ…」


感じているヨンスの断続的な喘ぎ声を封じこめるように、
ミンチョルが唇で塞いだ。


「あ…んんんんぁっ…」


首を左右に振るようにして、彼女が喘ぐ。

ミンチョルが、唇を離した。


「あああっ…あなた…」


彼女の様子を見ながら、ミンチョルが言う。


「まだ、ダメだよ」


片方の手でブラジャーをずらしてとると、
あらわになった先端の一方を口に含んだ。

彼の口の中で、舌で転がされ、
これ以上ないくらい感じ切ってしまう。


「あンン…」


ヨンスは一気に登りつめようとしていた。


「あなた…も…う…」


「だめだ…もう少し…我慢して…」
「僕を心配させた罰だよ…」


「ああっ…でも…私…」


絶妙に繰り返される抜き差しに、
いつも以上に彼女の身体は、感じている。


「感じてる?」


「……」


「いきたい?」


「……」


ミンチョルの問いかけに、ヨンスは、恍惚とした顔で、
うなづくしかできない。


「じゃ、仕方ないな…」


ミンチョルは、中指をグッと奥へ入れると、
そそり立つその部分を丁寧に擦り上げた。

ヨンスは、彼の愛撫に合わせ、腰をせり上げると、
彼にしがみつきながら、長く細い声をあげた。

果てるとともに、ヨンスを渇望感が襲っていた。

彼女の身体の奥深くから、うねってくる何かが、
さらに貪欲に彼を求め始めている。


「あなた…お願い」


ヨンスがねだるように、ミンチョルに言った。


「どうしてほしいの?」


いつものように、ミンチョルが焦らすようにきいた。


「だから…あの…」


いつもなら、彼女は恥じらいながら、ミンチョルを求めたが、
今夜は、少し違っていた。


「どうして欲しいか、いってごらん」


ヨンスは、ミンチョルの顔を見つめたまま、じっと黙っている。



ああ…

私…すごくあなたが欲しい…

ひとつになって溶けてしまいたい…

こんなこと…

こんなこと…いってもいいの?



彼女の様子がいつもと違うので、ミンチョルがきいた。


(少し…意地悪だったかな…)


「ん?どうしたの?」


「私…」


「どうした?」


ミンチョルが心配になって顔を覗き込んだとき、
ヨンスが耳元に小さく囁いた。


「あなたとひとつになりたいの…」
「あなたが…欲しい」


ミンチョルは、優しい目をしてヨンスを見つめる。


「愛してるよ…」


ミンチョルは、下着をとると、ヨンスの足を大きく開かせ、
自身をゆっくりと沈みこませた。

彼を深く飲み込んだヨンスは、身体中で、彼の存在を感じていた。

彼の腕の中に抱かれながら、彼を自分の中に包み込んでいる幸せ。



私の中の彼をもっと愛したい…



ヨンスは、自分から腰を動かしていた。


「ヨンス…いいんだよ…」


「ちがうの…私、あなたを愛したいの…」


「ヨンス…」
「わかった…」


ミンチョルは、彼女の体から一度離れ、ベッドの上に足を延ばして座ると、
彼女を、自分の上に後ろ向きで跨らせた。


「あなた?」


「今度は、君が、僕を導いて…」


ヨンスは、彼自身をそっと握ると、腰を浮かせて自分に突き立てる。

そのまま少しずつ、腰を下ろす。

彼の存在を、おそるおそる自分の奥深くに沈めたとき、
彼が、急に腰を突き上げた。


「あンっ…」


少し仰け反る彼女に、彼が言った。


「ヨンス…」
「見える?」
「僕が君の中に入っているところ…」


「あなた…」


「見てごらん…」
「どう?」


ヨンスは、かがむようにして、その場所をそっと覗きこんだ。


「…見えるわ」


ミンチョルは、腰をさらにグイッと突き上げた。

彼が、荒々しく彼女の中に入りこんでいく。


「ああっ…」


「ヨンス…触ってみて…」
「僕たちがつながっているところ…」
「ほら…君の中にこうやって…」


ヨンスがそこに触れたとき、ミンチョルは、彼女の腰を掴んで上下させた。


「あっあっ…んんンっ…」

(こんな…)


ヨンスは、耐えきれず、背を反らす。

ミンチョルは、片方の手で彼女のふくらみを揉みしだきながら、
もう一方で敏感な場所に伸ばし、指先で弄リ始めた。

容赦ないミンチョルの愛撫に、ヨンスは、身悶える。


「ああっ…やっ…」


彼女の白い身体の艶めかしい動きに、
ミンチョルは昂ぶってくる自分を感じていた。



ああ…ヨンス…

こんなに淫らに僕を求めるなんて…

愛してる。

愛してるよ…



ミンチョルは、いったん自身を引き抜き、彼女を再び仰向けに寝かせた。

彼女の体を二つ折りにして両膝をそろえるようして、
自身を押し当てると、体重をかけた。


「ぁぁっ…」

(奥まで…あなたが入ってくる…)


ため息のような吐息が、ヨンスの口から洩れる。


「ああ…」


ミンチョルが、思わず喘いだ。

ヨンスは真上のミンチョルの顔を見る。



愛してるわ…



ヨンスは、彼と自分の中の彼が、愛しくてたまらなかった。



感じる…

すごく気持ちいい…

ああ…

君を壊してしまいそうだ…



激しく求めるミンチョルの動きに、ヨンスは応えていた。



あなた…いいのよ…

もっと感じて…



心も身体も溶け合っている歓びで、身体が震える。



愛してる…



二人は、荒く熱い吐息を絡ませ、登りつめた。



*   *   *



ミンチョルは、ふと目覚めた。

どうやら、抱き合ったまま、寝てしまったらしい。

まだ、寝息を立てているヨンスの額に、彼はそっと口づけをする。



――あなたが、私から離れたくなっても、離さないわ…



ミンチョルは、彼女の言葉を思い出していた。

彼は、腕の中にヨンスをしっかりと抱きしめた。



ああ…

僕も、ずっと…





・.*. :。 ・.*. .:。Fine ・.*. :。 ・.*. :。


ちょこっとレビューです。

お待たせしていたミンチョル様、
やっと完結いたしました。


今、頭の中、ぐるぐるしてまして…

チャンイも書き、教授も書き、ミンウ~~!
あら…B様も…わおっ!


そんな状態で、よく混乱しないわね~といわれますが
私の創作回転寿司状態は、有名で…(爆)


並行して書くのに慣れてしまったせいか
チャンネルを変えるような感じなので
混線することはありません。


ただ、仕上げに時間がかかってしまうのが
なんとも…

お待たせしているみな様に
申し訳ない次第です。

今、それぞれのUPに精を出しております…
イヤン(*ノ∇)ゝ


今回のお話は
結婚してもなお、愛を深めあう
ミンチョルとヨンス。

久しぶりのミンチョル様
いかがでしたでしょうか?

甘い二人を味わっていただけましたか?


王道エロ、アニ、王道メロ…


やっぱりいいですね~




[PR]
by leejewel | 2008-12-04 10:15 | 創作文 「美日々」
<< 拝啓 ミンチョル様…実は、迷っ... 飛びかかってもイイ? >>